FC2ブログ

はなとさち

0

ロックミシンのステッチの解きかた

他の方のサイトを見ていると、
ロックミシンのステッチの解きかたがわからず苦労していらっしゃる方を時々見かけます。

簡単な解きかたを説明しますね。

通常の4本取りのロックミシンのステッチはこんな感じです。
この、横に2本通っている糸(赤い矢印)を解きたいところで切り、糸を引き出します。

20160505-img_3848.jpg


すると表側はこんな感じになります。
20160505-IMG_3872.jpg

ステッチの糸調子がキレイであれば、
ニット地や薄手の物は、生地を持ってこの2本を引っ張るとスルっと糸が抜けるはずです。

では、デニムなど、厚手の場合。

裏側はこんな感じになっているはずです。
20160505-IMG_3868.jpg

この、表側の上側の糸を左手の親指、下側の糸を中指(または小指)
裏側の上側の糸を右手の親指、下側の糸を中指(または小指)に引っ掛けます。
そして、両手を交互に上下させて見てください。キレイに解けていくはずです。

もう一つ、縫い目に糸切り鋏を走らせる方法もありますが、生地を確実に傷めるのでお奨めしません。

この方法で、少し楽なると思います。
お役に立てれば幸いです。


スポンサーサイト
Category : 洋裁のこと
2

縫い物三昧のはずが・・・

今朝もやってました。プレイファイト。
昨日より激しかったのですが、カメラを持った瞬間、さちが大人しくなってしまいました。

はな「あれ?もうおしまいなの?
さち「見られてるとねぇ、やる気なくなっちゃうの。
imagehanasachi17.jpg

はな「あそぼーよー!
さち「いたっ!なにすんのよ~!
imagehanasachi16.jpg

今日は午後からTシャツを作りました。
古くなったのを切り離して、型紙に使いましたが、仕上がりは雰囲気が全然違うものになりました。
生地の違いや、たった数ミリで印象が変わってくることなどを考慮されているデザイナーさんたちには
本当に頭が下がります。
imagesonota7.jpg

ただ、自分のものや家族のものは1枚だけしか作らないし、
あっという間に出来てしまうので、なんだか物足りませんね。
やっぱり私には工場のような量産する仕事が向いているのかなぁ・・・


2

補正の日

仕事を辞めて、中古のロックミシンを買ったのですが、
その整備に時間がかかり全くソーイングをやっていませんでした。

工場で仕事をしていたときは、縫いたいと言うモチベーションを保つため、
家ではあまりミシンを触らないようにしていました。
もうその必要はなくなり、ようやく時間も出来たので、やりたかった補正にとりかかりました。

imagesonota3.jpg

デザイナーさんの著作権の関係で、画像を見難くしています。ゴメンナサイ。

夫君のズボンの膝から上を2センチほど削り、太股周囲をすっきりさせました。
が、写真に撮ると全くわかりません(泣)

上がBefore 下がAfterです。
imagesonota4.jpg
imagesonota5.jpg

私としてはあと2センチほど削りたかったのですが、
夫君は窮屈なのが嫌いなので、この辺で止めときました。

実物はもっと違いが出てるのですがね・・・

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。